光回線とADSL回線、モバイル回線についての説明

光回線は、光ファイバーケーブルを使った回線で、
この光ファイバーというのは、プラスチック製のケーブルで、
名前のとおり、光によって通信するというものです。
光ファイバーの特徴としては、従来のADSLやIDSNにくらべてノイズが少なく、
通信速度が速いのが特徴になります。

ただ、光ファイバーを使うためには工事が必要なことが多く、
工事のためには工事費が必要になります。
工事には数週間かかりますので、あらかじめ余裕を持ってから申しこむ必要があります。

 

ADSL回線とは

ADSL回線というのは、簡単に説明すると電話回線を使ってインターネットをする方法になります。
このADSLは専用型と共有型に分けられます。
専用型というのは、電話回線とインターネットの回線を分けて使うというものです。
一方で、共有型は電話回線をそのままインターネットの回線としても使うというものです。
この2つのうち、一般的には共有型が多く使われています。
最近では光回線のほうが速度も速く、すすめられることも多いと思いますが、
ヤフーを見たり、ニュースをチェックするだけといった使い方でしたら、
まだまだADSLでも大丈夫だと思います。

 

モバイル通信とは

モバイル通信はスマホやタブレットで用いられるインターネット回線になります。
回線の電波が届く範囲内であれば、無線でネットができるのが特徴です。
どこでもインターネットができるという反面、
フレッツ光などの固定回線に比べて通信速度が遅く、
安定性も余りありません。

ですので、ある程度、ネット速度や安定性を求めるのでしたら、
フレッツ光などの光回線を使ったほうがよいでしょう。