ADSLについての簡単な説明

ネットを使うためには、プロバイダと回線の2つが必要になります。
プロバイダーはヤフーBBやニフティなどが一般的です。
一方で、回線は今まではフレッツ光が一般的でしたが、
最近ではソフトバンク光やAUひかりなどの新しい回線も増えてきました。
ネットが使えるようになるためにはこの2つが必要になります。
ですので、プロバイダーと回線のそれぞれに料金を支払う必要があります。
一般的に言われているネット料金はこのプロバイダー料と回線料を合わせたものをいいす。

 

ADSLには2種類あります

ADSLは電話回線を使ってインターネットをする通信方式ですが、
このADSLは大きく分けると電話回線共有型とADSL専用型に分けられます。
ADSL専用型というのは、今電話で使っている電話回線のほかに新しくADSLのための回線をひくというものです。
一方で、電話回線共有型というのは文字通り電話回線をそのままADSLの回線として使うというものです。

この内、一般的に使われているのは電話回線共有型になります。
今では光回線が主流ですが、ニュースサイトの閲覧や、
メールでしかインターネットを使わないのでしたらまだまだADSLでも十分であるといえるでしょう。

 

プロバイダーの法人契約について

会社としてプロバイダーを契約される場合、法人向けのプランに申しこむ必要があります。
法人向けのプランでは個人向けの契約より料金が高くなってしまうことが多くあります。

この理由としては、法人の場合、オプションに入る必要があることが多いからです。
と言いますのは、法人では、固定IPアドレスを使う場合が多く、
そのため、個人よりも費用が高くなるのです。

そのほか、法人によっては通信量が多くなることも多いため、
通信量の制限がないプランにはいる必要もあるでしょう。